ネタねった!

IT、ガジェット、ニュースなど・・話のネタになりそうな記事をアップしていきます

生活

景品表示法って何?違法な広告とは何なのか調べてみました

投稿日:

今回は景品表示法(景表法)について調べてみました。
景表法は誇大広告や過度な景品で消費者を騙す行為を禁止している法律です。例えばもし広告に嘘が書かれていたりしたらどう思いますか?
実際に購入してしまったとしたら『騙された!』って思ってしまいますね。
そうですよね。
そんな不利益から消費者を守るための法律が景表法なんです。
産地偽装などの場合、確かに消費者の立場でその嘘を見抜くことは難しいですもんね。
でもどのように守ってくれるんですか?
いい質問ですね。
景表法では『不当な顧客誘引』を禁止して消費者を守っているんですよ。
スポンサードリンク

景品表示法とは

消費者としては少しでも安いくて性能が良いものを求めますよね。

そのため、市場原理が働いて各事業者が努力することになります。そしてそれが消費者の利益につながります。
ただし、公正な競争が起こるには、販売する側が正しいルールに則って広告をする必要があります。

例えば産地やスペックの偽装、根拠のない謳い文句、さらには過剰な景品(マイホームを買ってくれたら高級外車をプレゼント!といったキャンペーン)など、消費者の判断の根拠が虚偽だった場合や正常な判断を下せなくなってしまう場合、消費者が被る不利益は計り知れません。

そこで今回は景品表示法(景表法)によって『不当な顧客誘引』を禁止しているという訳です。

景表法の目的

 

不当な顧客誘引とは

では景表法で禁止されている『不当な顧客誘引』とはどのようなことなんですか?
景表法では消費者を保護するために『不当な表示の禁止』と『過大な景品類の提供の禁止』を定めています。
『不当な表示の禁止』とは、実際よりも著しく優良であると消費者に示す『優良誤認』と実際の条件よりも著しく有利であることを示す『有利誤認』があります。
『過大な景品類の提供の禁止』はあまりに高額なプレゼントや懸賞などの景品を禁止しています。
景品に関しても規制がされているんですね!知りませんでした!
意外と知られていないんですよね。例えば購入者へのプレゼントの場合、取引価額が1000円以上であれば取引額の20%が上限と決まっています。

不当な顧客誘引の禁止

 

細かい内容についてはまた今度書いていきますね
スポンサードリンク
スポンサードリンク

-生活

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

他人の収入って気になりますよね

家計調査(総務省)で可処分所得などの推移を確認した件

家計調査とは、総務省が毎月行っている国民生活の家計収支をまとめた統計です 世帯別の実収入や可処分所得などを確認することができます。 所得のことに関しては、どうしても自分と比べて他人がどのくらいの収入な …

サブリースの場合

社会問題になっている『サブリース問題』について調べてみた

昨今問題視されているサブリースとは「一括借り上げ+家賃保証」のことです。なんとも耳ざわりの良い『家賃保証』という言葉ですが、実は大きな落とし穴があるんです。

海賊の絵

七つの海を股にかける・・・どの海のことなの?

忙しい現代社会・・よく言いますよね『七つの海を股にかける』

ふと『七つの海を股にかける』の『七つの海』ってどの海のことなんだろうと疑問に思いましたので、調べてみることにしました。

本を買う

永久機関!?気軽にハードカバーの新刊本を購入できるテクニック

ハードカバーの書籍って高いですよね。今回は私が実践している『気軽にハードカバーの新刊本を購入できるテクニック』をお伝えしようと思います。

持ち家率

【年代別】持ち家を持ってる割合、どのくらいか知ってる?

いったいどのくらいの人が持ち家を持っているのか、それを調べるために金融広報中央委員会調べの統計『家計の金融行動に関する世論調査』から持ち家率を調べてみました。

管理人のネッタです。
草食系男子のなれの果てです。よろしくね。
管理人について